保育士はモテる職業かもしれないが、難しい職業である

モテる職業である保育士ですが、実際はとてもハードな職業です。今は土日保育もあたり前の時代ですので決まった休みもとりにくく残業もとても多いです。さらにほとんど女性ばかりの職場環境で、相手は子ども。さらに出入りするのは子どもをもったお母さんかお父さん。そうなると職場恋愛はもちろんのこと、紹介ということも難しい状況です。合コンなどに行くことができればよいですが、保育士という子どもを相手にする職業ゆえにハメをはずした姿をもし親御さんに見られたりすると一気にイメージダウンしてしまい大切な子どもをあずけることができないと親御さんが判断されたら保育園をかえられてしまうことも考えられます。大人ではなく子どもを守って保育するという立場ゆえの難しさです。そして職場である保育園では子どもたちの立場にならなければいけないため流行りなども恋人をつくるべき男性との会話につなげやすいニュースなどよりもアンパンマンやプリキュアそしてお母さん目線の情報を勉強しておかなければなりません。洋服や髪型もキャラクターものやツインテールなど子どもからみて威圧感を与えないファッションをしなければいけないのでどうしても女性的なセクシーさやエレガントさとはかけ離れたファッションになってしまいます。保育士は子ども目線な職業なので男性の恋人をつくることが難しくなってしまう理由だと思います。

(参考サイト:保育士の出会い※保育士の出会いの場とオススメの方法

芸人さんってすごいっ!

お笑い芸人さんってほんとにすごいなぁと思います。一発屋芸人はあまりすごいとは思いませんが、長く生き残っている芸人さんってほんとに1握りなんだなぁって、毎年何百人もの芸人が出てきては消えているのを見ていると思います。生き残っている芸人さんを見ているとやっぱり飽きられていないなぁと思います。常に会話が途切れないとかギャグとかネタが一つに絞られていなかったり、本当に次々と新しいものが出るのがすごいと思います。また、司会者をやっている人なんかも、周りを見ながら周りを生かしつつ、自身も面白いことを言ったり、番組を成立させている姿を見るとやっぱりテレビの世界で生き残る人は天才だなぁと想うのです。私自身は話ベタなので芸人さんとか司会者をやっている人なんかも、本当に尊敬するし見習いたいし真似したいと思いますがなかなか理想通りにはいかないですね。これからは、ただただテレビを見るだけじゃなく参考にしていきたいと思う次第です。

もう少しで始まる

もう少しでドラマが始まりますね。毎回シーズンの切り替わり時期が本当に憂鬱なんです。ドラマを楽しみに仕事頑張って帰ったらビールを飲みながらドラマ見たり、リアルタイムで見れなかったドラマを録画して撮りだめしたものを見たりしているので、クールが終わるのが辛くて仕方ないのですが、もう少しで新しいドラマが始まるので今からワクワクしています。新しいドラマの予告が沢山入っているし、番宣でいろいろな俳優さん女優さんがバラエティ番組に出ているのは良いですが、やはり演技をしている姿の方が好きなので早くドラマが始まってほしいです。毎回新しいドラマは、全種類1話だけは必ず見ています。その中で2話も見るか見ないか決定して録画予約するのですが、今季のドラマは、期待できるドラマが沢山あってとても楽しみです。特に月9に期待していて豪華な俳優陣にワクワクしています。きっと切なかったりきゅんとしたり、改めて考えさせられる内容のドラマなんだと思います。早くみたいです。