東京のよさを発見

今年のゴールデンウィーク連休を使って、東京都内へ遊びに行きました。地元は九州で、関東にはときどきコンサートを見に行ったりディズニーランドへ遊びに行ったりするのですが、今回は改めて東京の雰囲気を楽しむため、あえて都内を中心に観光することにしました。東京都内に住んでいる友達に声をかけ、観光スポットを中心に案内してもらったのですが、まずなんといっても人の多さにはさすがに驚きました。もちろん東京の人の多さは知っていたのですが、特に原宿の竹下通り、渋谷のスクランブル交差点、明治神宮付近といった、お決まりの観光スポットには、観光客だけではなく、ごく普通の顔をしてものすごい人が信号を待っていました。地元に帰ってからいちばん大きい交差点を通ったときなど、東京の人込みに慣れていたせいで、思わず「こんなに人が少ないなんて、今日は年末年始か何かじゃないだろうか」と疑ってしまったぐらいです。
また、有名海外アーティストの公演の多さや、九州では宣伝すら流れてこないけれども、テレビでよく見る俳優さんが主演している舞台がたくさん企画されていたり、美術館にある展示品の多さも段違いだったりと、東京にいることで触れられる刺激の多さはすばらしいと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です